着圧レギンスって本当に効果あるの?

足は身体の中で最も浮腫みが起こりやすい箇所です。

着圧ソックスの効果、重力によって足に水分が溜まりやすいからです。

浮腫みは特に立ち仕事の方に起こりやすく、腸脛の筋肉の衰えや静脈弁の働きが弱っている方にも多いです。

着圧ソックスを着用することで、足から心臓に向かって血流を押し上げる効果があります。

重力により足にたまった水分や滞ったリンパの流れを改善してくれます。

適度な着圧により血流の改善が図られるため、血行が促進され、血行が良くなることで足や張りや浮腫みが軽減されます。

・着圧ソックスの特徴(長所、短所)着圧ソックスは、医学に基づいた段階的な圧力構造を考慮して作られています。

高圧力の商品も多く、個人差に適した着圧ソックスが揃っています。

足に履くだけでマッサージ効果が発揮され、適度に締め付けられるためスッキリとした美脚化も図られます。

「メッシュ編み」や「リブ編み」といった二段構造を持った商品もあり、自分にあった履き心地がきっと見つかります。

・着圧ソックスの感想立ち仕事が多いため、自ずと血流が悪くなり、ふくらはぎの怠さや浮腫みが気になります。

着圧ソックスを使用することで、ストレスなく怠さや浮腫みが改善されました。

マッサージ効果もあるため、自宅でもリラックスすることができ満足です。

夏場はつま先カットのオープントウを使用することで蒸れないように心掛けたところ、通気性の良い商品もありますので、あまり気になりませんでした。

冬場は厚手の綿混を着用することで保温効果が発揮され、重宝しました。

マラソン時に使用すると、特に30km以降の足の疲れに対して、消耗が低減されます。

後半のペースダウンを防ぐことができ、最近は多くのランナーが着用しています。

夏マラソンでも蒸れにくいランニング商品が出始めており助かります。

ランニング時には汗を多く掻くため、消臭タイプが欠かせません。

ランニング中、緩くなった着圧ソックスはズレ落ちてきますので、改善の余地があると思います。

レース後、汗でべとついた着圧ソックスは脱ぎにくいこともあり、サラサラ感を持った商品開発に努めて欲しいです。

着圧ソックスのカラーリングがまだ少なく、黒色や紺色といった地味な商品が主力となっており、今後カラフルでセンスの良い商品が増えることを期待します。

24時間着用しても違和感のないような、ストッキングのような低着圧ソックスの商品も増えてほしいです。

傷口の包帯代わりにも使用したいため、消毒性に特化した商品も充実してほしいです。

入浴時にも違和感なく履ける商品もあるとうれしいです。