着圧レギンスって本当に効果あるの?

着圧ソックスの利用に関しては脚のむくみ対策に!

そういった利用することがメインになると思います。

私は、有名なメーカーの膝下タイプや、就寝時用のニーハイ丈のもの、就寝時用のレギンスタイプを利用していました。

それ以外にも、100均に売っているものや、ネット通販で安いものを購入し利用していた事もあります。

着圧ソックスならどれも変わらないだろうと、安いものに手を出したのですが、様々なものを利用して思ったのは、やはり高いものは違うということです。

安いものでもむくみの対策は出来なくはないのですが、締め付けがイマイチだったり、逆に履き口などの締め付けが強く痒みが気になることもありました。

利用できるものでも洗濯を繰り返すと結局、安いものは直ぐに使用できなくなり名の知れたメーカーのものを使う事が多くなってきました。

コスパの面を考えると購入時に高いと思ってもそれなりのものを買う事は必要なんだということを学びました。

また、使用する場面なのですが、仕事から帰ってむくみが気になる日にお風呂上がりに就寝時用のものを着用して寝ると翌朝スッキリしています。

その他には生理前など、特にむくみやすい時には朝から着圧ソックスを履いて仕事に行くと夕方に普段ほどむくみが気にならないので対策として使う事もあります。

そして、私の中で1番の活躍の場は旅行時です。

旅行の時は忘れては行けないものリストの上位に来るほどです。

というのも、想像して頂ければ伝わるかと思うのですが、飛行機や新幹線、車、とにかく座りっぱなしで長時間過ごさなければいけない場面が多いです。

特に夜行バスなど利用する時は着圧ソックスがないと靴が履けないなんてこともあります。

個人差はあると思いますが、とにかく座りっぱなしだと脚のむくみがひどいので、旅行時にはかかせないアイテムの1つです。

ちなみに、旅行時には脱ぎ履きしやすいつま先のあいたソックスタイプを手持ちのカバンに入れておいて、なおかつ就寝時用のレギンスタイプを着替えと共に持って行きます。

これが、あるとないとでは脚の疲れが本当にちがうので、大袈裟ではなく、私にとって旅行を楽しめるかどうかがだいぶ変わってきます。

ただ、24時間ずっと着圧ソックスを履き続けるのも良くないような気がするので、昼間使った日は夜は使わないなど、常に履き続けることがないように一応、気を付けてはいます。

脚がむくみやすい私にとって着圧ソックスや着圧レギンスは時と場合によって使い分けながら、でもずっと使っていきたい、そして、これからもお世話になり続けること間違いなしのアイテムです。