着圧レギンスって本当に効果あるの?

着圧ソックスは使用すれば脚が細くなる?!

ということで、現在立ち仕事をしている人をはじめ多くの人が使用しています。

そして実際に使用していて脚が細くなったり、あるいはむくみが解消されるなど使用するメリットが大きく長年にわたって愛用している人も多いです。

しかしながら実際に着圧ソックスを使用するにあたっては、注意すべきことがいくつかあります。

着圧ソックスを初めて使用する場合、使用する着圧ソックスが自分の脚に合うかどうかわからないものです。

着圧ソックスは普通のソックスと違ってサイズ展開があることが多く、自分に合わないサイズのものを使用すると血流が悪くなったり締め付けられて苦しくなったりするなどのデメリットが生じる場合もあります。

本来であれば購入する際に試着ができるのがベストですが、着圧ソックスはサンプルが出ていることが少なく、出ていても試着はしづらい状況にあります。

そのため着圧ソックスを購入する際は少し大きめのサイズを選んで着用するのがおすすめです。

そして実際に着用して大きいと感じた場合にはそのうち洗い替えの着圧ソックスも必要となるため、1つ小さめのサイズのものを購入するのがおすすめです。

もし着圧ソックスが小さすぎてきつく感じるのにもったいないからといってそのまま履いていると血行が悪くなって足先に冷たさを感じるようになります。

さらに脚の血行が悪くなって脚に痛みやしびれを感じるようになって歩きづらいと感じることもあります。

このような状況になってしまっては着圧ソックスを使用している意味がないので早く効果を出したいと思っていても少しサイズに余裕を持たせて着圧ソックスを選びたいものです。

さらに着圧ソックスの効果をより得たいと思って活動している時間はもちろん、就寝時にも履いて寝る人がいます。

しかし四六時中履いているとずっと脚が締め付けられた状態になることからいかに脚に合ったサイズの着圧ソックスであっても徐々に血行障害を起こしてしまうことがあります。

一部の着圧ソックスについては長時間着用可能であったり、あるいは就寝時に使用できるものもありますが、基本は着圧ソックスは長時間使用するのはよくないものとして認識すべきです。

このように着圧ソックスは脚のトラブルを解消できる一方で、使用方法を誤るとかえって脚や体全体に悪影響を及ぼす場合があることから購入の際には注意書きを呼んで納得したうえで購入すべきです。