カードの恐ろしさ

クレジットカードは非常に便利のよいカードだと思います。現金を持ち歩かなくても買い物などができ、私自身のサインのみで決済が出来るからです。

しかしこれに伴い仮想的なお金の動きになってしまうため、ついつい使いすぎてしまったり、翌月の支払金額が多くなってしまい、翌月もカード払いをしてしまい現金での生活の運営が出来なくなるという連鎖が起こり得る可能性があります。

急遽の時などは非常に便利なクレジットカードですが時に支払が多く支払が出来なくなるという可能性があります。

私自身も20代前半にクレジットカードを進められ使用するようになりクレジットカードを使用した際は、私の財布の中からお金は減らないが会計が済んでしまうことで仮想のお金を甘く見ていた部分があり翌月や翌々月などに多くの支払を求めらせることがありました。

それから、私お中ではお金を持ち合わせていないときやどうしても購入しなければならない時以外はカードの使用をひかえ現金で私の見えるようにお金を管理しています。

また、カードを使用したときは必ず翌月の支払を頭に入れ現金を取り扱うようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です